バストアップ ヒアルロン酸

バストアップもお肌も健康も!女性を美しくするイソフラボン

女性なら誰しもが一度は【イソフラボン】という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

大豆に多く含まれているイソフラボンは、バストアップに効果があるとして有名になりましたが、それはどうしてでしょう。

バストアップには乳腺の発達が不可欠なのですが、この乳腺は女性ホルモンの【エストロゲン】が活発になって始めて成長します。エストロゲンには乳腺細胞の増殖を促す働きがあります。ですから、思春期に入ってホルモン分泌が活発になった少女の胸は、次第に丸みを帯び始めるようになるのです。

このエストロゲンに似た働きをするのが、イソフラボンなのです。イソフラボンを摂取することで女性ホルモンの分泌と同様の効果が期待出来るため、バストアップへと繋がるというわけです。

イソフラボンのすごいところは、エストロゲンが不足している状態で摂取すると、エストロゲンを補う役目を果たしてくれます。さらにすごいところは、エストロゲンg過剰な状態になっている状態で摂取すると、抗エストロゲンとして働くようになり、女性ホルモンの適正量に保てる状態を作り出してくれるのです。

イソフラボンはヒアルロン酸とコラーゲンを結びつけるためにも一役買うため、艶やかな肌や髪質、ハリのあるバストをサポートしたりと、美容効果がある上、美白効果まであるので、女性にとって嬉しい成分なのです。その効果が認知されたため、近年では化粧品や脱毛ローションなどにも使用されるようになりました。

しかも、健康面でもイソフラボンは大活躍です!

骨粗鬆症や更年期障害など、女性が年齢を重ねると悩むようなことに対しても有効に働くといわれています。

また、動脈硬化や癌に対する有効性も認められてきているため、さまざまな分野から注目されているのがイソフラボンなのです。

イソフラボンは自然界に存在する成分のため、副作用の心配もないとされています。

ホルモンは作用が強いものなのですが、そのホルモンに近い働きをするイソフラボンは、機能にさほど大きな違いがないにも関わらず、作用が穏やかなのです。

このように、大豆に含まれるイソフラボンは、女性を美容面から健康面まで、余すことなくサポートしてくれるありがたい成分なのです。

キレイに健康的にバストアップをしたいなら!

バストアップに効果を発揮し、美肌・美白効果も促し、さらには健康面までサポートしてくれるイソフラボンを生活習慣の一部にしていきましょう。

もちろん、バランスのいい食生活を保つことも、美バストへの秘訣ですよ。

自然なバストアップを目指すなら!食品で健康的美バスト女子になろう

ブラパットとか、バストアップブラとか、豊胸とか…とにかくそういう「つくる」タイプの胸じゃなくって。自分自身の胸を大きくしたい!

そういう人は多いでしょう。

「だって、逆の意味で脱いだらすごいとか嫌だし…」

「あとあとバレちゃうし。その時の事を考えると、どうしたらいいかわからないから怖いもん」

まあ、いろいろと意見はあると思いますが、好きな人にあとからがっかりされちゃうのって、すごく哀しいし、後ろめたい気持ちになる人だっていますものね。

こういう人たちは、別に即席のボリュームアップが悪いとか、豊胸がいけないとか思っているんじゃなくて、単純に「バレた時」が怖くて出来ないんですよね。

バストのサイズがすべてじゃないってのもわかっている。けどやっぱり、女性らしいラインでファッションを楽しみたいし、好きな人の前でだって堂々と胸を張っていたい。

う〜ん、乙女心は複雑です。

となると、それはもう、バストケアマッサージやエクササイズを魂込めてやってもらうしかありませんが、そこで大切なことは食生活にも目を向けること。

いくらマッサージをしていても、バストの成長の妨げになるような食生活はNGです。

では、バストアップしたい人の食生活ってどんなふうにしていけばいいのでしょう。

代表的なのは大豆食品。イソフラボンがエストロゲンという女性ホルモンに近い働きをします。

キャベツもそう。キャベツに含まれるボロンという成分が、エストロゲンそのものをを活性化してくれます。このボロンという成分はキャベツ以外ですと、桃、梨、葡萄に含まれています。また、わかめやとろろ昆布などの海藻類にも含まれていることがわかっています。

また、鶏肉や牛肉、豚肉、魚介などの動物性タンパク質も大切です。特に、鶏肉の皮の部分や手羽先には、良質な脂肪やコラーゲンがたくさん含まれていて、バストが豊かな女性はこの部位を好んで食べている人が多いといわれています。

大豆などの植物性タンパク質と動物性タンパク質・魚介タンパク質はバランスよく摂ることが大切です。また、うなぎや牡蠣も、バストアップに効果がある食材です。

これらの食材の中からどれかに偏るのではなく、食事の際にバランスよく食材を取り入れ、継続して摂取するように心掛けることで、栄養バランスを保ちつつ、バストアップにも繋がる生活習慣が自然と身につくようになります。

また、食生活と同時に睡眠や適度な運動などの生活習慣、バストケアマッサージやエクササイズなどにも取り組むことで、バストアップのための食生活はより効果を発揮します。

健康的に快適に、心身ともに美しくいられるようなバストアップライフを過ごしましょう。

ヌーブラでバストアップは可能?知りたい!ヌーブラ事情の本当のトコ

バストアップしたい!

でも正直なところ、いかにも矯正下着みたいなものを着けたくないし、ファッション重視で日常を過ごしたい。

確かに、矯正下着系統のものって、どうしても布面積が広めなので、日常的に着用すると、ファッションが限られてくる感じがありますよね。

「あ、そうだ!ヌーブラってどう?アレって谷間メイクが出来るんだから、バストアプできるんじゃないの!?」

ヌーブラ、ですか…

確かにヌーブラは「寄せて上げて」な谷間メイクは出来ます。初期のものに比べると、格段にその能力は上がっています。

しかしながら、当然肩ひもがないので上方へ持ち上げる「引き上げ力」が0%ですし、アンダー部分にベルトがあるわけでもないので「持ち上げ力」も0%。

本当に、内側に寄せて上げているだけなのです。ですから、ヌーブラには美バスト育成の能力はなにも備わっていないのです。

しかも、ヌーブラはバストアップどころか、日常的に使用していると、バストが逆に垂れてくる可能性が浮上します。

「うそぉ!?」

だって、先程申し上げましたでしょ?「引き上げ力」も「持ち上げ力」も0%だと。

あのヌーブラは、洋服を美しく着こなすためだけに作られた、ファッション重視に特化したブラジャーなのです。

日頃安定感のあるブラを着用している人なら、ヌーブラを着けた瞬間に不安を感じたはず。

「こんなんで、本当に大丈夫なのっ?」

「外れる心配しなくていい分、着けない方がまだいいんじゃないのっ?」

滅多なことで外れはしないのですが、そう思わせるくらい、支える力がないのがヌーブラなのです。

着ける服がピタッとしていて、そこそこの圧力を感じるタイプの素材なら、なんとか気にせずにいられるかも知れないけれど、ダボダボな胸開きファッションの場合なんて、不慣れな人からは冷や汗ものです。

谷間メイクが出来る=バストアップ効果がある!は間違った法則です。

よくよくみると、ヌーブラの場合、谷間があるのにバストの位置が微妙に低いこともしばしば…

《中央を引き上げるようにして着用すれば持ち上がります》なんてパッケージに表記されたものをみたこともありますが、そんな事したら、谷間を意識したデザインの服が着れません。これまた結局、ファッションが限られるわけです。

どうしてもファッションを気にして、それでもバストアップ捨てられない人は!

見せてもいいタイプのブラや、ホールド力があってブラが内蔵されているぴったりタイプのキャミソールなどに切り替えるだけでも、ヌーブラよりは効果があります。出来るだけ、毎日のバストケアマッサージなども心掛けましょう。

バストがある程度整って、ブラなしでも多少維持出来る形になったら、一日くらいヌーブラでいてもまあ、大丈夫でしょう。

とにかく、毎日ヌーブラ着用状態ででバストアップしようなどという考えは、この場でポイッと捨ててしまって下さいね。